鈍くさいけど何とかしたいどんちゃんのブログ

日本のIT業界とITを利用できない企業を憂う。うまく立ち回れば良いのでしょうけど、駄目なものは駄目。それを何とかしたいと思いつつ、いろいろ書いている徒然雑記帳

覚悟ありますか?5月3日なので、是非(あ、過ぎちゃった)

www.msn.com 「9条に自衛隊を明文で書き込む」 とは、安倍さんの言葉だが、そろそろ身分をハッキリしないと自衛隊だけが日本社会の矛盾を解決できない国民の犠牲になることになってしまう。そんなことは日本国民としてやってはいけない。 改憲派・護憲派と…

経団連経営者は、会計の素人か(笑)

president.jp 「無形固定資産の価値が増大した結果、相対的にのれんが減少する」って何?(笑) 生え抜き経営者のいけないところは、一般的会計ルールをきちんと学んでいないからかも知れない。外資系だと、MBA持っていないとCEOにはなれないのは、こう言っ…

真実性を軽んじた日本大企業はこうなる

正しい記事を書けるマスコミもいたのね(笑) www.msn.com 決算報告書は、証券取引法対象企業には監査法人からの監査結果を付けて貰わないと、正式な決算報告書にはなりません。ちょっと前に、日経の記事を載せましたが、数字を新聞として示すだけの決算数値…

公正な記事が何故書けないのか

先ほど、東芝の記事が出ましたね。 www.nikkei.com 決算数値が出たような記事になっていますが、PwCあらた監査法人が「適正意見」を付していないので決算報告書にはなりません(まあ、「不適正意見」を出されても困るのですが(笑))。 正式な決算ではあ…

巨額損失じゃなく、偶発債務リスクを甘くみるから痛い目に合う

今回、こんな記事があった hbol.jp FBにも投稿したのだが、「会計上の損失」と「これからキャッシュの支払いが求められる損失」は違うと書いてあるが、どちらも、「会計上の損失」。損失(費用)については、発生主義で測定することが会計上求められる。発生…

大した指示もできないマネジメント

こんな記事が掲載されていました。 diamond.jp でも、客観的評価としては非常に良いと思うし、自分の国とも比較して「だめじゃん!!」って言っているのは笑えるけど。 「激しく体を動かすが決して前進しない踊りのよう」正にその通り。決して前進しない=成…

責任と無能管理職

forbesjapan.com 東芝やシャープがおかしくなったのは、当然の帰結なんですよ。 無能管理職と言うか、日本大企業マネジメントには、この手の輩が多い(殆ど?(笑)) 私も、この記事に書かれている上司に仕えていました。特に、「チームメンバーが何かを提…

ビジネスはタイムイズマネー

毎日作業をしなければいけない人は別として。社畜じゃない人ね。稟議とか言って、意思決定に凄く時間が掛かっているのが今の日本大企業。でも、オリックス宮内オーナはこのように仰っています。「ビジネスはタイムイズマネーです。やっている方向性はよくて…

計画できないのに、実行できると思う?

MSNに、こんな記事がありました。 東芝だけじゃない!海外大型案件で赤字続出 プラント建設で想定外の遅延や賃金高騰 プラント系案件は、長期間にわたるプロジェクトであるので、プロジェクト管理が必要です。しかし、日本企業は何年にも渡って経験があるの…

真実性の原則

東芝が結構賑わせていますね。監理銘柄になったとか。これは粉飾決算した時点で実施すべきことだったのですが。昔、粉飾決算をして市場を混乱に陥れた日本企業があります(東証1部)。それの反省を踏まえて、いろんな関連法規が改正されたのですが、生かされ…

組織と出世と自分

「組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、あるいは成果が認められないときには、辞めることが正しい道である。出世はたいした問題ではない」 (P・F・ドラッカー『非営利組織の経営』) これを出来なくて、泥船に乗ったまま沈んでいく人はどれく…

計画が全てであり、ツールのせいにするな

プロジェクト管理で、ガントチャートは役に立たないとの記事があった。 ガントチャートは、有効なプロジェクト管理手法である。ただ、記事には「クリティカルパス法が有効で、それを管理できるツールがない」とあった。ツールはある。どこかの肩を持つわけじ…

仕事は、期限までに結果を出すこと。毎日会社にいっていることは、作業でしかない。

こんな記事があった。 「甘太郎」のコロワイド会長「アホが何故会社にいる?」社内報で社員を罵倒 その中で、誤解を招いているが言っていることは正しいことがある。1.「今の時代はトップダウン型」今までは、ボトムアップでも戦略を上回る経済成長があった…

パワハラは、立場を利用したいじめなんですよ

おととしから去年は、浮き沈みの激しい人生だった。 最初は、「あなたが必要だ」、「是非来てください」、「一緒にいたい」と言われるほどうれしいことはない。なので、残りの人生をかけるつもりで転職した。 しかし、ムラを作りたがる人達と私は性分が合わ…

仕事というのは、誰かのため。企業が存続する前提条件

仕事というのは、誰かのためにならなければい。これは、永続企業の公準における前提条件。誰かに価値があって、誰かが儲かって初めて自分が儲かる。そこが趣味と大きく違うところ。 しかし、日本大企業では自分を向いた事で会社に貢献していると勘違いしてい…

変えられるのは、中の人だけ

先日、前職会社の人たちと飲み会を開催した。 近況や仕事の話や色々話したが、この中で非常に印象深い言葉があった。「会社愛があるのがよくわかるんですよ。話していると。でも、中の人じゃないと会社って変えられないですよ」 (会社と言うと幼稚に聞こえ…

事例集めて満足か

良く他社事例がと言う日本大企業が多いが、それが決定に役立った試しがない。何故ならは゛他社事例から判断するまでの方法論がないあるいはなんとなく判断(定性的もしかしたら勘(笑))しかしない。それで、案件(事案)規模が小さければ傷も小さい(会社…

凄い時間があるんだなぁ

某社に応募した。1月たって、ダメと連絡があった。 残念なんだけど、そこまで余裕綽々なんだなぁと感慨深く感じた。流石は、東証一部。 昔だと、1月建ってたら手遅れなことだらけだったので(そりゃもう大変なことだらけでしたよ。)、安泰なんだなぁと。 な…

人手不足ではなく、戦略とマネジメント不足と心得よ

世間でよく人手不足と言っている。現に、前職でもそう言っていた。しかし、あるものでなんとかしないとないものはない。人手不足ではないことは、外資系にいるときから明白だった。自分が欲しいものは、実は全く不必要かありもしないものを言っているマネジ…

2017年 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく御願い致します。2017年になりました。今年からは、考えかたを変えようと思います。私だけじゃあ、どうにもならないのかも知れませんが、余りにも酷すぎる現実を目の当たりにして放置する訳にはいかな…