鈍くさいけど何とかしたいどんちゃんのブログ

日本のIT業界とITを利用できない企業を憂う。うまく立ち回れば良いのでしょうけど、駄目なものは駄目。それを何とかしたいと思いつつ、いろいろ書いている徒然雑記帳

仕事というのは、誰かのため。企業が存続する前提条件

仕事というのは、誰かのためにならなければい。これは、永続企業の公準における前提条件。誰かに価値があって、誰かが儲かって初めて自分が儲かる。そこが趣味と大きく違うところ。

しかし、日本大企業では自分を向いた事で会社に貢献していると勘違いしているマネジメントが多い。自分が困っているから提案してねと言われたことが何度かあるが、成功した例しがない(まあ、その前に期限ギリギリで虫の良い提案なので、高くなるのだが(笑))

ういう商売がしたい、こういうことがやりたい」と考えられないマネジメントが多い。理由は簡単、作業しかしていないつまり趣味とか興味でしかないからで、俯瞰してあるべき姿を追求して戦略を立て、その実現方法を考えられるのが真のマネジメントである。こういうことしたいと考える際に、社会に貢献しているか評価できるから間違いを起こさないのである。目の前の小さな成果を追求するような作戦しか考えていないマネジメントは、大抵会社の利益をドブに捨てている。