鈍くさいけど何とかしたいどんちゃんのブログ

日本のIT業界とITを利用できない企業を憂う。うまく立ち回れば良いのでしょうけど、駄目なものは駄目。それを何とかしたいと思いつつ、いろいろ書いている徒然雑記帳

大した指示もできないマネジメント

こんな記事が掲載されていました。

diamond.jp

 

でも、客観的評価としては非常に良いと思うし、自分の国とも比較して「だめじゃん!!」って言っているのは笑えるけど。


「激しく体を動かすが決して前進しない踊りのよう」
正にその通り。決して前進しない=成果がない のに「一生懸命やったから」とか美談を付けたがる。確かに、一生懸命にやることは大切なことですけど、結果がでないくて一生懸命なのは無駄なのです。解りますか?日本人(笑)

結果が悪くても一生懸命だった場合は、まあ残念だと思いますよ。でもね、結果がでなくて一生懸命な事が美談として語られるのはおかしい。そもそも、それをやっていた人は他のやることが有ったはずなのに。自らならともかく、大抵は無能な上司の訳のわからない指示で行らされていることが大半。マネジメントが、保身に走って意味のないでも自分が解る(大したことないから、大した内容はないのだが)範囲の仕事しかさせない。会社は、運転資金が回っているでの儲かるけど。でも、その回り方が悪くなったり運転資金を枯渇させることをすることが良くあるので、東芝みたいに(笑)

上層部が無能で、部下が無原則に従う、従わせる。これにより、無限の無駄とあり得ないパワハラが発生している。マネジメントと言われている人は、成果を出す必要のある指示を出しているのか考え直して欲しい。独り善がりじゃあ、どうしようもない。